ホームページ制作 ・ Web デザイン
Webガーデン インターネットに種を蒔き、日本中のwebサイトに花を咲かせよう
お見積もり お問い合わせ サイトマップ

× あなたのパソコンをコンピュターウイルスから守ろう ×
× ×

コンピュターウイルス(以下、ウイルス)と聞くと、何だか分からないけど、とにかく感染したら怖いもの、という認識があるかもしれません。確かにウイルスは危険で迷惑なものです。しかし、いくつか注意すれば、感染をより防ぐことができます。この講座で、ウイルスによる不安を少しでも取り除いていただきたいです。




ウィルス定義ファイルのダウンロード画面
ダウンロードは定期的に行う必要がある
Step1

ウイルスの感染経路には主に、プログラムやファイルのダウンロード、電子メール経由などがあります。

そのウイルスによる感染の発見や駆除を行ってくれるのが、アンチウイルスプログラムです。ワクチンプログラムとも呼ばれています。

代表的なアンチウイルスプログラムには、シマンテックのノートン・アンチウイルスやトレンドマイクロのウイルスバスターがあります。

ただ、ここで注意していただきたいのが、アンチウイルスプログラムをパソコンにインストールするだけではいけないということです。

ウイルスは日々、新しいものが発見されています。その新しいウイルスに対抗するパターンファイル(ウイルス定義ファイルとも言います)もアンチウイルスプログラムを販売しているメーカーから提供されています。

常に、新しいパターンファイルをダウンロードして、パソコンをチェックすることをお勧めします。





▲ウィルスメールの山
添付ファイルがある、件名が英語だったり文字化けしていたりしたら要注意。
Step2

万が一、ウイルスに感染した場合、パソコンにどんな症状(現象)が発生するのでしょうか。

どんな症状が発生するのか知っておけば、すぐ対処ができます。
  • 画面上に異常な文字や図形が表示される
  • 画面が乱れる(崩れる)
  • 急に音が鳴り出す
  • 勝手にインターネットに接続しようとする
このような症状(現象)が発生した場合はアンチウイルスプログラムによるチェックを行ってみましょう。

また、シマンテックトレンドマイクロのホームページにもウイルスに関する詳しい情報があるので、一度、見に行ってみましょう。





メールソフト Beckyには、受信前にメール一覧を見る「リモートメール」という機能がついている。受信前にウィルスがないかチェックするのにお勧めです。
Step3

ウイルスからパソコンを守る対策に以下のようなことが挙げられます
  • アンチウイルスプログラムをインストールして、最新のウイルスに対抗するパターンファイルをダウンロード(更新)する
  • 見知らぬ人からの電子メールや添付ファイルは開かずに削除する
  • ウイルスに感染してしまったら、アンチウイルスプログラムを販売しているメーカーや、使用しているパソコンのメーカーに相談する
  • ウイルスに感染したり、発見したりした場合は、IPA(情報処理振興事業協会)に届け出る


| 更新講座トップ |

HOMEへ このページの先頭へ
Copyright (C) 2002-2009 Web Garden Inc. All Rights Reserved.

ホームページ製作
有限会社Webガーデン
東京都杉並区和田1-66-21-102(地下鉄丸の内線 新中野駅 歩15分)
TEL: 03-3380-0783   E-mail:info@webgarden.jp