ホームページ制作 ・ Web デザイン
Webガーデン インターネットに種を蒔き、日本中のwebサイトに花を咲かせよう
お見積もり お問い合わせ サイトマップ

クライアント - 商材のプロ
わたしたちにとってクライアントとは「自社商品のプロ」です。

わたしたちはWeb制作のプロですが、商材のプロではありません。Webサイトでは商品の独自性が求められますので、「他のあのサイトとは違う部分」を前面に出す形で構築します。

けれど、クライアントが自社商品のプロであっても、それをうまく人に伝えることにおいてプロとは限りません。そこでわたしたちは、クライアントとの対話の中から、そのプロの部分をWebサイトユーザーにうまく伝える方法を探し出します。

そのために、まずはプロトタイプと呼ばれる文字だけのホームページを構築しています。そのプロトタイプを元にクライアントと対話しながら、Webサイトユーザーが求めている情報を揃えていきます。ビジュアルデザインは、その後になります。

ワークフローの詳細ついてはこちらをご覧下さい

Webサイトユーザーは、何かしらの欲求を持ってWebサイトへ訪れてきます。売りたい、買いたい、調べたい…etc...
それに応えるのがWebサイトですので、Webサイトは一種の「問題解決ツール」と言えます。

例えば「FAQ」のページを作るとしましょう。このページに訪れるユーザーは、何か問題を抱えてやってきます。「分からない」「どうしたら良いのだ」「イライライラ」とやってきたページで、重いムービーが流され、何秒も待たされたら余計にイライラします。

逆に、商品購入を迷っているユーザーが来るような商品詳細ページでしたら、重くても鮮明な画像を見たいと思うことでしょう。ブロードバンドの普及は、何も「重いムービーを流さなくてはいけない」ということではなく、ユーザーに必要な写真をより鮮明に、高画質で見せることができるようになったとも言えます。

「このページに訪れるユーザーは何を求めているのか」を考え、そのユーザーにとって必要な情報は何か?それを煮詰める場がプロトタイプであります。プロトタイプを使いながら、クライアントの「プロ」の部分を引き出していきます。


 ホームページ制作理念
 デザイン-意思伝達手段の1つ
 クライアント-商材のプロ
 ワークフロー
 ホームページ制作料金等
 ホームページ制作実績
 About Us
 ホームページ更新講座
 このページの先頭へ
Copyright (C) 2002-2009 Web Garden Inc. All Rights Reserved

ホームページ製作
有限会社Webガーデン
東京都杉並区和田1-66-21-102(地下鉄丸の内線 新中野駅 歩15分)
TEL/FAX: 03-3380-0783   E-mail:info@webgarden.jp